DENKIMAN

エネルギー業界の気になるニュースをPICK UP

太陽光発電におけるマネジメントノウハウや技術的なトピックについて参考になれば幸いです。
管理人は鉄道会社から太陽光発電業界に転身した経歴を持つので、鉄道に関する話題もちらほら掲載しています。

太陽光発電のサブページへ
電験二種取得計画

太陽光パネルのリサイクル(JFEエンジ)

太陽光パネル、JFEエンジがリサイクルへ 年40万枚 :日本経済新聞

太陽光パネルのリサイクルに関する話題です。

記事の概要

JFEエンジニアリングが、2021年から太陽光パネルのリサイクル事業を始めるとのことです。パネルを分解し、ガラスや太陽電池本体など分別した上で、それぞれリサイクルしやすい大きさに加工したのち売却する計画だそうです。

 

なぜ取り上げたか

太陽光発電が爆発的に普及するきっかけとなったFIT制度が始まったのが2012年。

この制度は電力会社との需給契約(PPA)から20年間、一定額で買い取ることを定めたものです。現在太陽光発電を営む発電事業者は、FIT制度が始まってから20年目となる2032年に、継続するか廃業するかの選択を迫られます。このタイミングで、廃棄される太陽光パネルが一気に増えると考えられます。

再生可能エネルギーは、CO2排出量を減らし持続可能な社会を作るために欠かせないものです。しかし、再生可能エネルギーのために大量の廃棄物を排出しては本末転倒もいいところです。

あまり注目されないかもしれませんが、太陽光パネルのどのように効率的にリサイクルできるか考え、その技術や仕組みを確立することも、太陽光発電の普及と同じく大切なことです。

パネルリサイクルの技術は、確立していないまでも、それに挑戦する人がいるということを忘れないために、この記事を取り上げさせていただきました。

参考

再生可能エネルギーの歴史と未来|再生可能エネルギー・新エネルギー|スペシャルコンテンツ|資源エネルギー庁

プライバシーポリシー

(C) 2018-2020 Daichi Yamada