電気マンJP

鉄道、電気に関する話題をお届けします

鉄道変電所の事故で乗客が感電することはない?

結論から言うと、変電所には様々な安全装置が電気系統の異常を検知できるように設計されており、異常時は電気の供給を停止しますので、乗客が感電したりすることは絶対にありません。

2019年7月19日午前5時ごろ、京王電鉄の永山変電所(東京都多摩市)で火災があり、地下ケーブルや蓄電池などが焼けました。原因は変電所に置き忘れた工具によって電気系統が地絡(ショート)したことによるものです。

地絡を検出する機能は変電所に実装されているはずですので、蓄電池設備内でショートして火災に至ったのではと考えます(あくまで個人の見解です)。

 

変電所の事故が乗客の安全を脅かすことはあるのか

変電所に何かしらの異常が起こり、地絡や異常電圧など感電の危険が及ぶ可能性が高い状態になると、異常を検知するセンサーが動作して電気の供給を停止します。

また、変電所の火災に関しては消火設備を設けることが法令によって定められています(鉄道に関する技術上の基準を定める省令第49条)。

変電所の事故が乗客の安全を脅かすことはありません。

変電所火災はなぜ起きたか

変電所内での地絡が原因であるとの見解があります。地絡というのは、本来電気が流れてはいけないところ(地面や建物の骨組みなど)に電気が流れてしまう状態のことで、電気事故の中で最も危険な事故の一つです。

このため、電車や駅に電気を供給する変電所の電気系統には、地絡を検出するセンサーが取り付けられています。地絡を検出したら即座に電気をシャットアウトする仕組みです。このセンサーは定期点検によって健全性を確認しているはずですので、センサーの不具合は考えにくいです。

ケーブルはそもそも燃えにくいような素材を使うのが一般的ですので、蓄電池周辺でショートしたと考えるのが妥当ですが、原因の究明にはまだ時間がかかると思われます。

乗客の安全が最優先となるように鉄道システムは設計されている

万が一電気系統の事故が起きたとしても、乗客に危害が及ぶことがないよう何重にも安全対策をとっています。例えば、電気系統の異常時は、強制的に送電をストップさせることで感電の可能性を排除する仕組みになっています。

また、停電した場合も電車は安全に停止できるように設計されており、停電によって電車同士が衝突することは絶対にありません。

鉄道というシステムは、安全に対する対策を何重も構築することによって、乗客の安全確保が最優先になるように設計されていますので、安心して鉄道を利用できます。

これが、北園高校の頭髪検査に反対する理由です

わが母校の校風のひとつである「自由な風土」が、脅かされようとしている。

自由な校風で知られる都立北園高校で、頭髪検査が始まったとの噂を耳にした。派手な頭髪の高校生を見て、自由を履き違えていると感じる向きもあったかもしれない。そういう人たちから見れば、頭髪検査が始まる、すなわち髪染めができなくなるということは、取るに足らないニュースだろう。しかし、この問題の本質は、頭髪検査が始まったことではなく、それによって「自由の北園」の一番の特色であった、学生たちの「考える機会」を奪ったことが何よりの問題なのである。高校生という多感な時期に、あえて自由という厳しい環境を提供していた城北の学園はいま、ただの進学校に成り下がろうとしている。

 

頭髪検査の開始

ある筋から、僕の母校である都立北園高校で、頭髪検査が始まったという噂を耳にした。

僕が入学した当時は、頭髪検査などなく、服装ももちろん自由。バイトも申告不要で、まるで大学みたいな高校。中学生の時に北園を訪問した時は、そんな自由な校風に心底憧れたものだ。

そんな自由な校風として知られた北園高校で頭髪検査が始まったという噂が本当なら、とても残念に思うと同時に、北園の一番の特色である自由が奪われかねない学校の決定に、深い憂慮を表明する。

自由について考えることができた北園

前述の通り、僕が入学した当時は頭髪を含め校則という校則が存在せず、学生は法令と良識(つまりコンプライアンス)に則って各々の学生生活を送っていたように記憶している。本当に髪の毛真っきんきんの人もいたし、耳にでかいピアスをあけている人もいたし、電動チャリで通学する子もいた。LGBTも普通にカミングアウトしていた。高校生なのに。

でも、学生に共通して言えたのは、皆学業を一番大切にしていたことだ。髪を染めるのも自由、バイトをするのも自由、だけど、勉強ができなければ全部自分のせい。こういう厳しさが北園にはあった。実際に単位を落とした人を何人も見てきた。高校生なのに。

自由とは、自分の髪の色を自由に決められるということではない。自分がこれからする行動ひとつ一つについて、自らが責任を持つということである。髪を染めれば、不良から絡まれるかもしれない。学業の不振を髪のせいにされるかもしれない。警察のしつこい職質に悩まされるかもしれない。高校時代に髪を染めていた友人は、こういった全ての責任を負って、自らの選択で髪を染めていたのだ。

学生たちの考える機会が奪われた

派手な頭髪を目にして、自由を履き違えていると感じる向きもあったかもしれない。しかし、そう感じる彼らにとって、自由とは髪の色を自分で決定することであると勘違いしており、自由を軽視していると言わざるを得ない。

本来、自由とはとても尊く、とても厳しいものである。高校生に、自分の責任において全ての物事を決定させるということはとても酷なものなのかもしれない。しかし、そういう風土の中で育った彼らは、あらゆることを人のせいにしない、健全で強い人間になっていると思う。実際、僕の旧友は実に多様に、あらゆるフィールドで活躍しているが、とても生き生きしていて、人のせいにしている姿を見たことがない。自分の決定に、責任と自信を持っているからだ。

頭髪検査の問題は、頭髪検査が始まったことが問題なのではなく、この措置によって、北園の学生たちの「考える機会」を奪ったことが本質的な問題なのである。

髪染め禁止というルールのもとでは、学生たちはやがてなぜ髪を染めてはいけないのか考えなくなる。髪を染めるのはルールによって禁止されているので、髪を染めるとどんなメリットとリスクがあるのか、考えなくなる。そして、何か不都合があった時に、髪染め禁止というルールのせいにしてしまう恐れがある。

これからの社会に必要なのは、ルール通りに動ける人間ではなく、ルールブレイカーたる人間である。ルール通りきっちり仕事をするのは、言わずもがなAIや機械の方が得意だ。自由な風土の中で、しっかり社会を見つめ、世の中に何が必要か鋭く見極められる人が求められているというのに、髪染め禁止の決定を下した学校の判断は明らかに時代に逆行している。それがかの「自由の北園」で起こったことだから、自体はなおさら深刻である。

北園はもはや、ただの進学校なのか

北園高校とは、高校生という多感な時期に、あえてノールールという厳しい環境を提供し、自らの行動について一生懸命考えて決断を下すという経験ができる唯一の学校であった。しかし、頭髪検査が始まった今、その貴重な経験の機会が北園生から奪われようとしている。

この件について、北園高校の学生たちはもっと声を大にして主張していいと個人的には思う。日本人は歴史的に、自由を天下から与えられる形で享受してきたので、自由が奪われる感覚に疎い。だが、アメリカの歴史を見れば明らかなように、自由とは命をかけて守るものであり、気をぬくと奪われかねないものである。だから、もっと自由に対する感度を上げて、それが奪われそうになったら戦わないといけないのだ。

北園高校はいま、そういう自由の岐路に立っている。この件に対して行動を起こせるのは、残念ながら僕ではなく、今在学している北園高校の諸君なのです。

 

(おことわり)

学校教育法では、中等教育を受けている者(高等学校に在籍する者)を「生徒」と定義していますが、自由な校風という厳しい環境の中で切磋琢磨する生徒諸君に敬意を表し、あえて「学生」と表記いたしました。

【参院選挙】各政党の交通インフラ政策を比較してみた

明日7月21日は参議院議員選挙です。各党が様々な政策をマニュフェストとして掲げていますが、内容が多すぎますので、鉄道やMaasなど、交通インフラの政策に焦点を当てて、各党の政策を比較してみたいと思います。

自由民主党

交通インフラに関する政策

  • 高速バス、貸切バスの安全性向上のため、安全強化策の実施
  • IoT、AI、5Gを活用した交通分野のイノベーション創出により、持続可能な地域づくりを後押し
  • 地方創生、国土強靭化に資する全国の幹線鉄道ネットワークの充実化
  • バス、鉄道等の地域交通ネットワークの維持・活性化に向けた支援、地域間連携、共同の取り組みをサポート
  • 都市間の高速交通ネットワークの充実
  • ジャパンレールパス、交通アクセスの充実による、インバウンド向け交通サービスの充実
  • ITS技術による自動運転の実用化、高速道路でのトラック隊列走行の早期実用化
  • 整備新幹線の開業効果を早期に発揮するための取り組み
  • 整備新幹線の未着工区間の財源確保、早期着工
  • 地方創生に役立つ幹線鉄道ネットワークの構築
  • リニア中央新幹線の東京―大阪間の早期全線開通
  • 沖縄モノレール3両化

感想

交通インフラに関する政策や国会での議論は、テレビ等の報道で取り上げられることが少ないように感じますが、関連する政策をピックアップすると数があり正直驚きました。新幹線関連と自動車の自動運転に力を入れている感じを受けます。

公明党

交通インフラに関する政策

  • 日本人向け鉄道フリーパスなど国内観光需要喚起
  • 自動運転技術の実用化推進による新しい交通サービスの創出
  • リニア中央新幹線、整備新幹線の建設加速
  • 鉄道駅等におけるホームドア、内方線付き点状ブロックの整備

感想

自民党と比較すると数は少なめです。ホームドアや点状ブロックの整備を公約として掲げ、駅構内の安全確保に対する問題意識を持っている点が特徴です。

立憲民主党

交通インフラに関する政策

  • 地域公共交通を維持することにより、便利で安全な暮らしを実現

感想

立憲民主党の交通インフラ関連の公約は1つしかなく、内容も抽象的であまり力を入れていない感じを受けました。

国民民主党

交通インフラに関する政策

  • 乗合タクシーの普及支援
  • 高速料金の見直し
  • IoTのオープンイノベーションを活用することで、自動車の自動運転を早期に実現

感想

乗合タクシーの普及支援を公約として掲げているのは面白いと感じました。高齢者ドライバーによる交通事故が問題になっている中、自家用車に頼らない移動手段を考えなければ、免許証の自主返納も進みません。

一方、鉄道等の社会資本の強化に関連する政策はありませんでした。

日本共産党

交通インフラに関する政策

  • 生活道路の歩行者優先の道路交通政策
  • 子供たちの通行路の交通安全対策
  • 高齢者が支障なく日常生活を送れるよう、地域鉄道、コミュニティバスなどの地域公共交通網の整備
  • 自転車専用道路の設置推進
  • 災害を原因とする鉄路廃止を阻止するための鉄道災害復旧基金創設
  • 利用者数の少ない駅を含めた、駅のバリアフリー化推進
  • 駅のホームドアの設置義務づけ
  • 高速バス運転士の労働条件を改善して、間接的に高速バスの安全性を向上
  • リニア新幹線の建設反対(環境負荷を考慮)

感想

社会資本増強についてたくさん書いてありました。にも関わらず、リニア新幹線の建設については環境負荷の観点から反対しています。

日本維新の会

交通インフラに関する政策

  • 自動車の自動運転の推進
  • 新しい交通インフラに支えられたスマートシティの実現

感想

マニュフェスト概要版で、新しい交通インフラに支えられたスマートシティを実現することが書いてありましたが、マニュフェスト詳細版にその具体的な記述がなかったのが残念です。

社会民主党

交通インフラに関する政策

  • 鉄道の一方的廃止を防止するため、鉄道事業法を改正

感想

社会民主主義らしく、社会資本の増強に資する政策が多いかと思いきや、交通に関する公約が少なかったのが正直残念です。

総評

交通インフラの政策について熱く語るのは社会民主党だろうと予想して調べてみましたが、交通インフラに関する実情に即した政策を最も的確に打ち出しているのは自民党だなというのが正直な感想です。

鉄道サービスの拡充、交通安全対策の推進といった交通インフラの整備推進は、私たちの生活がより豊かになるだけでなく、外国人観光客の増加にも資することです。交通インフラ整備の観点からも各政党の公約をよく検討して、選挙に臨みたいと思います。

6月の発電電力量(62.4kWh)

2019年6月に投資法人への出資を通して発電した電力量は62.4kWhでした。先月比で14.3%(7.8kWh)増という結果でした。消費電力量に対する発電電力量の比は43.9%であり、先月比10.8%増でした。

投資口1口当たりの発電電力量

投資主持分の発電電力量

日本再生可能エネルギーインフラ投資法人の発表によると、2019年6月の実績発電電力量は9,555,273kWhでした。投資法人が所有する資産に対する投資主持分比は39.8%(2019年7月9日の記事を参照)であることから、投資主持分の発電電力量は以下の通りとなります。

$$9,555,273\rm kWh\times0.398=3,802,999\rm kWh$$

投資口1口当たりの発電電力量

発行済投資口総数は121,666口であることから、投資口1口当たりの発電電力量は以下の通りとなります。

$$3,802,999\rm kWh\times\frac{1}{121,666}=31.2\rm kWh/口$$

筆者持分の発電電力量

筆者は投資口を2口保有していますので、筆者持分の太陽光パネルが6月に発電した電力量は以下のようになります。

$$31.2\rm kWh/口\times2口=62.4\rm kWh$$

消費電力量に対する再エネ比率

筆者宅が6月に消費した電力量は142kWhであったので、消費電力量に対する再エネ比は

$$62.4\rm kWh\times\frac{1}{142\rm kWh}=43.9\%$$

より、43.9%であったことがわかります。先月比で10.8%の増加です。

f:id:je1hfu:20190711181715j:plain

【図1】我が家の消費電力量に対する自給自足率

f:id:je1hfu:20190711181738j:plain

【図2】エネルギー自給率統計

 

プライバシーポリシー

(C) 2018 Daichi YAMADA