電気マンJP

鉄道、電気に関する話題をお届けします

燃料電池車(FCV)の燃費は12.6km/L(ガソリン換算)

燃料電池車は燃料に水素を使い、走行中も停車中もいつでも、出すのは水だけです。極めてクリーンな乗り物と言えますが、燃料となる水素がただで手に入るわけではありません。では、燃料電池車を走らせるためにかかるコストはどのくらいなのでしょうか。燃費をガソリン車に換算してみようと思います。

 

燃料電池車の燃費は、ガソリン換算で12.6km/L

僕が一目惚れしたホンダクラリティフューエルセルの諸元を用いて計算してみます。公式ページによると、水素充填1回あたりの走行距離は750kmとのことです。

水素を満タンに充填した時の水素の質量(kg)を計算します。充填圧力は70MPaであり、温度27℃、プランク定数R=8.3×1000とすると、水素を満タンに充填した時の物質量は3,963molとなります。水素H2のモル質量は2g/molですので、3,963molの水素ガスの質量は、3,963mol × 2g/mol = 7.927kgと計算できました。

ここで、水素スタンドでの水素ガス販売価格を現在の一般的な価格である1,000円/kgとすると、水素ガス満タン充填にかかる金額は7,927円となります。この燃料で750kmを走行できるわけですから、1km走行するのにかかるコストは10.6円となります。

これらを踏まえて、今日のガソリン価格である1L=134円を用いて、燃料電池車の燃費をガソリン車に換算してみます。134円/L ÷ 10.6円/km = 12.6km/L (ガソリン換算)となります。

燃費が良くないように見えるのは、水素関連のコストが高いから。

15km/L程度燃費があれば、悪くない成績かな?という大衆車の感覚で見ると、燃料電池車の燃費は実はそれほど良くないことがわかりました。これは、水素スタンドの建設コストや水素製造コストがまだ高いことが原因であると考えられます。

今日配信された日本経済新聞電子版の記事によると、政府は水素製造コストを2050年度までに現在の10分の1以下に引き下げる目標を掲げました。純粋に計算すれば、水素の販売単価が10分の1となり、コストを基準に考えた燃費は上がるはずです。ガソリン換算で126km/Lとなるはずです。

廃プラから作る水素がアツい

廃棄されるプラスチックから水素を取り出すことができるらしいです。将来、燃料電池車やエネファームが普及し、水素社会が到来した時に、環境保全の切り札になる技術だと感じました。この技術が成熟すれば、水素の安定供給と廃プラの削減を同時に行うことができるからです。

 

ゴミから燃料を取り出す、夢の技術

日経新聞の記事で、この技術について知りました。

水素を生かす(下)廃プラ分解、ホテルの電力に :日本経済新聞

プラスチックを高温の炉で分解することで、水素を得るそうです。ここで気になるのは、炉を高温にするために必要なエネルギーで、ここのコストが高いのでは、水素製造コストが高額になってしまい、普及しません。

しかし、記事によれば、プラスチックの分解に際し発生する熱により、燃料をほとんど使わずに炉を高温に保つことができるといいます。これなら、製造コストを下げることができ、実用性があると考えられます。まさに、夢の技術。

これからは水素です

現在のトレンドは電気自動車(EV)ですが、今走っている全てのガソリン車ないしディーゼル車(内燃機関をもつ自動車)をすべて電気自動車に置き換えることは技術的に難しいと聞いたことがあります。

理由は単純明快で、今走っているガソリン車ないしディーゼル車が電気自動車に置き換わったと仮定した時に、それらを充電するために必要な電力インフラが不足しているからです。具体的には、全部電気自動車に置き換わった場合、電柱に張っている電線から火が出たり、電線の被覆が溶けたりします。

このため、近い将来はまず電気自動車が普及しますが、ある程度時間が経ち燃料電池の技術が成熟した時は、燃料電池車が普及してくるはずです。このとき、ゴミとして捨てられていたプラスチックは、最も価値のある素材として見直されているでしょう。

ジムに通うことにしました

階段を上るとすぐ疲れることが判明しました。事務系の仕事が多くなり、新入社員の頃と比べて体を動かすことが少なくなったことで、身体が鈍っているだけだと言い聞かせてきましたが…違います。筋肉が落ちているだけです。先日銭湯に行った際に、おじさま方のお腹を見てハッとしました。やばい、自分もこうなる、と。僕には、なりたいおじさん像があります。頭脳明晰で物腰が柔らかく、バリバリ仕事をして、健康的な肉体を持ち、少しいい匂いがする、そんな人になりたいのです。ジムに通います。

 

素晴らしい本に出会った

正直、ジムに通うのをためらっていた自分がいたのは事実です。なんかこう、ジムには、なかやまきんに君みたいな人たちがたくさんいて、みんなゴリゴリやっていて、ちょっと怖い場所なのではないのかと。

そんなとき、amazonで一冊の本を勧められました。山本ケイイチ著「仕事ができる人はなぜ筋トレをするのか」。

 

仕事ができる人はなぜ筋トレをするのか (幻冬舎新書)

仕事ができる人はなぜ筋トレをするのか (幻冬舎新書)

 

 食い入るように、むさぼるように本を読みました。山本氏曰く、トレーニングと仕事は一緒なのだと。トレーニングを続けることは正直辛いことだが、それを超えてトレーニングを続けるために行ったあらゆる試行錯誤は、仕事において遭遇する困難を乗り越える上で糧になるといいます。猛烈にトレーニングに対する興味が湧きました。

生き生きと仕事がしたい、人生を楽しみたい。そのために、一定の時間を投資しようと思いました。

どうやって電験の勉強と両立させるか

これが喫緊の課題です。トレーニングも電験も、どちらも捨てることはできません。本によれば、トレーニング後は交感神経が優位になって心拍数が上がり、挑戦意欲が湧くそうです。このタイミングで勉強すれば、ポジティブな気持ちで効率よく勉強できるのではないかと考えています。5月からジムに通う予定ですので、ここら辺についてはまた検証して記事を書こうかなと思っています。

電験2種 4月の学習計画(修正)

4月から異動となり、現在は工事の設計・施工の仕事をしています。業務量が増えたことで学習時間が減り、4月の学習計画が未完に終わりそうでしたので、計画を修正することにしました。移動に伴う学習効率の低下を加味したスケジュールができず、反省しています。

f:id:je1hfu:20190421094449j:plain

【図1】電験2種4月の学習計画(修正)

 

プライバシーポリシー

(C) 2018 Daichi YAMADA