技術屋を目指す君へ

就職を控えた君に、仕事のリアルな話をお届けします。

4月の発電電力量(47.8kWh)

2019年4月に投資法人への出資を通して発電した電力量は47.8kWhでした。先月比で49.4%増(15.8kWh)という結果です。消費電力量に対する発電電力量の比は30.6%であり、先月比14.5%増でした。

投資口1口当たりの発電電力量

投資主持分の発電電力量

日本再生可能エネルギーインフラ投資法人の発表によると、2019年4月の実績発電電力量は7,309,810kWhでした。投資法人が所有する資産に対する投資主持分比は39.8%(2019年7月9日の記事を参照)であることから、投資主持分の発電電力量は以下の通りとなります。

$$7,309,810\rm kWh\times0.398=2,909,304\rm kWh$$

投資口1口当たりの発電電力量

発行済投資口総数は121,666口であることから、投資口1口当たりの発電電力量は以下の通りとなります。

$$2,909,304\rm kWh\times\frac{1}{121,666}=23.9\rm kWh/口$$

筆者持分の発電電力量

筆者は投資口を2口保有していますので、筆者持分の太陽光パネルが4月に発電した電力量は以下のようになります。

$$23.9\rm kWh/口\times2口=47.8\rm kWh$$

消費電力量に対する再エネ比率

筆者宅が4月に消費した電力量は156kWhであり、消費電力量に対する再エネ比は

$$47.8\rm kWh\times\frac{1}{156\rm kWh}=30.6\%$$

より、30.6%であったことがわかります。先月比で14.5%の増加です。4月に入り、日照時間が伸びたことが原因と考えられます。

f:id:je1hfu:20190711170233j:plain

【図1】我が家の消費電力量に対する自給自足率

f:id:je1hfu:20190711170102j:plain

【図2】エネルギー自給率統計

 

プライバシーポリシー

(C) 2018 Daichi YAMADA